読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oh-my-zsh チートシート



1 コマンド

tab
(OS X) カレントディレクトリで新しいターミナルのタブを作成する
take
ディレクトリを新規作成し、そこに cd する
x=/=extract
アーカイブを展開する
(tar.{bz2,gz,xz,lzma}, bz2, rar, gz, tar, tbz2, tgz, zip, Z, 7z))
zsh_status
実行されたコマンドトップ 20 を表示する
uninstall_on_my_zsh
oh-my-zsh をアンインストールする
upgrade_oh_my_zh
oh-my-zsh をアップグレードする



2 ディレクトリ (~/.oh-my-zsh/lib/directories.zsh)

alias
全てのエイリアスを表示する
..
cd .. と同じ
cd..
cd .. と同じ
cd...
cd ../.. と同じ
cd....
cd ../../.. と同じ
cd.....
cd ../../../.. と同じ
cd/
cd / と同じ
cd +n
n 番のディレクトリに移動する
1
cd - と同じ
2
cd +2 と同じ
3
cd +3 と同じ
4
cd +4 と同じ
5
cd +5 と同じ
6
cd +6 と同じ
7
cd +7 と同じ
8
cd +8 と同じ
9
cd +9 と同じ
md
mkdir -p と同じ
rd
rmdir と同じ
d
dirs -v と同じ。ディレクトリスタックを表示する



3 タブ補完(オプションや説明文を表示する)

  • ls -(tab)
  • ssh (tab)
  • rake (tab)
  • sudo umount (tab)
  • kill (tab)



4 Git



4.1 current_branch 関数で動的に現在のブランチ名を操作する

  • git pull origin $(current_branch)
  • git publish $(current_branch) origin



4.2 git 操作のエイリアス

g
git
gst
git status
gl
git pull
gup
git fetch && git rebase
gp
git push
gd
git diff
gdv
git diff -w "$@" | vim - $EDITOR~/.gitconfigeditor は無視されます
gc
git commit -v
gca
git commit -v -a
gco
git checkout
gb
git branch
gba
git branch -a



4.3 ディレクトリ操作

grt
現在のリポジトリかサブモジュールのトップに cd する


RubyMine と git

JetBrains RubyMine はかなりイイ感じの IDE だなー、と。もうちょっと使い込んでみないとなんともですが。
http://www.jetbrains.com/ruby/

で、設定ファイルは git に含めたくないので、RubyMine を立ち上げる前に .gitignore に以下の行を追加しておきましょう。

.idea/

インストールした

何度もやってるんですが。

% sudo gem install \
	rails \
	coffee-script-source \
	execjs coffee-script \
	coffee-rails \
	therubyracer \
	adel \
	jbuilder \
	jquery-rails \
	sass \
	sqlite3 \
	turbo \
	links \
	uglifier \
	sdoc \
	minitest \
	tilt

% sudo gem install actionmailer -v '4.0.0.beta1'
% sudo gem install activemodel -v '4.0.0.beta1'
% sudo gem install activerecord-deprecated_finders -v '0.0.3'
% sudo gem install activerecord -v '4.0.0.beta1'
% sudo gem install jbuilder -v '1.0.2'
% sudo gem install sprockets-rails -v '2.0.0.rc4'
% sudo gem install rails -v '4.0.0.beta1'
% sudo gem install sass-rails -v '4.0.0.rc1'

rails new したら、GemFile の以下の行を有効にする

gem 'therubyracer', platforms: :ruby

ruby 2.0.0p0 (2013-02-24 revision 39474) を使いました。

install

ruby のインストールに必要なライブラリ。

  • openssl

ソフトウェアセンターで「libssl-dev」を選択する。

http://stackoverflow.com/questions/3974707/node-js-installation-openssl-not-installed

  • readline

ソフトウェアセンターで「libreadline-dev」を選択する。

http://ref.xaio.jp/ruby/install/linux

rails で sqlite3 を使う場合

ソフトウェアセンターで「libsqlite3-dev」を選択する。

ファイルシステムからファイルを探す(mac版)

「-nowarn」の振る舞いが mac と linux でチト違うので。

find / -xdev -ignore_readdir_race -name pattern 2>/dev/null

例えば PDF ファイルを探すには…

find / -xdev -ignore_readdir_race  -name '*.pdf' 2>/dev/null

そういや拡張子が小文字とは限らないか…。大文字/小文字を無視するには -iname を使います。

find / -xdev -ignore_readdir_race -iname '*.pdf' 2>/dev/null

スキーマをテスト用のデータベースにコピーする方法

% rake db:test:clone

    昔は「rake clone_structure_to_test」だったらしい。

参照: http://pentan.info/ruby/ror/rake_list.html

How to install Phusion Passenger

必要なgemパッケージをインストールする。

$ sudo `whence gem` install passenger

モジュールをインストールする。

$ sudo passenger-install-apache2-module

バイナリパッケージをインストールする。

$ sudo `whence passenger-install-apache2-module`

メッセージに従って作業する。

もう一度…。

$ sudo `whence passenger-install-apache2-module`

/etc/httpd/conf.d/passenger.conf を以下の内容で作成する*1

LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.19/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.19
PassengerRuby /usr/local/bin/ruby

同ファイルに以下の行を追加する。

<VirtualHost *:80>
   ServerName www.yourhost.com                                                 
   # !!! Be sure to point DocumentRoot to 'public'!
   DocumentRoot /example/public
   <Directory /example/public>
      # This relaxes Apache security settings.                                  
      AllowOverride all
      # MultiViews must be turned off.                                          
      Options -MultiViews
   </Directory>
</VirtualHost>

apache の文法チェックを行う。

$ apachectl configtest

Rakeタスクでプリコンパイル済みのアセットを作成する。

$ bundle exec rake assets:precompile RAILS_ENV=production

httpdを再起動する。

$ service httpd restart

*1:$ passenger-install-apache2-module --snippet の出力